河田グループ

社員インタビュー

INTERVIEW

免許取得のバックアップから
教育まで手厚いサポートで安心。

松原隆之

情熱がすべての原動力
夢を与えていけるドライバー

TAKAYUKI MATSUBARA
話を入社前に戻しますが、私には極度の方向音痴という欠点がありました。「やろうとは思ったものの、こんなのでドライバーが務まるのだろうか」と不安に思うこともありましたが、「フォローがあるから大丈夫」という言葉に背中を押され、入社を決めました。
資格のない私は2種免許の取得から始めなければなりません。免許取得のための費用も会社負担で取らせてもらいました。これも会社に体力があるからこそ。ありがたかったですね。
まったくの異業種から転職してきました。転勤がなく、完全固定のシフト制なので予定が立てやすいところが魅力で、これなら家族との時間がとれると思って志望しました。
また、以前美容師として働いており、配達の仕事をした経験もあることから、接客とドライバーというふたつの要素をもつタクシードライバーなら、これまでのキャリアが活かせると思ったのも事実です。
基本的に配車指令を受けて動きますが、積極的に自分から仕事を取りに行くのもOK。個々の性格や体調によっても働き方を都度選択できるのは魅力ですね。
TAKAYUKI MATSUBARA
話を入社前に戻しますが、私には極度の方向音痴という欠点がありました。「やろうとは思ったものの、こんなのでドライバーが務まるのだろうか」と不安に思うこともありましたが、「フォローがあるから大丈夫」という言葉に背中を押され、入社を決めました。 資格のない私は2種免許の取得から始めなければなりません。免許取得のための費用も会社負担で取らせてもらいました。これも会社に体力があるからこそ。ありがたかったですね。
TAKAYUKI MATSUBARA
その後、教育担当者であるベテランドライバーが車内の機器の使い方やお客様対応の基本、主となるメインルートについて細かく説明してくれました。恵まれた環境も手伝って、かなり効率的に吸収できたと思います。

実際に働いてみて業界のイメージは大きく変わりました。車に乗り込めばあとは自分次第。頑張った分だけ実入りもあるわけですからモチベーションが違います。また、夜勤中に眠くなったら仮眠をとればいいんです。眠い目をこすりながら走行するのは危険なので仮眠が許される、そう考えれば決してキツイだけの仕事ではありません。タクシードライバーという仕事に興味はある人には、胸を張っておすすめしたいと思っています。
これからは、タクシードライバーのネガティブなイメージを払拭し、新しいタクシードライバーのカタチを会社全体で生み出していければ最高ですね。

業務について

基本的には配車指令を受け、自宅、バスターミナル、ホテル、お取引先、お買い物先、病院など様々な場所へお送りします。
自分でお客様を探すのももちろんOKなので積極的に動くときもあります。
夕方から深夜にかけては居酒屋、飲み屋のお客様がメインで遠距離のお客様も増えます。
ドライブレコーダーで車内映像も録画して有るので安心して営業できます。
通常のタクシー業務だけでなく、ハイヤー、企業の役員送迎などハイクラスの車両も運転でき、仕事の幅が広がります。

1日の仕事の流れ

8:45 イメージ

出勤

アルコール検査や健康状態(血圧など)のチェック、点呼
点呼終了後、車両を準備して車両点検

9:00 イメージ

出庫

 

  イメージ

タクシー業務

 

  イメージ

昼食休憩

休憩時間は会社から指定はありません
ドライバーのタイミングで休憩

  イメージ

タクシー業務

 

22:30 イメージ

帰庫

1日の売り上げを納金、車両清掃

23:00 イメージ

退社

ページトップ